釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

夏の釧路・阿寒湖で体験できる10のこと

夏の釧路・阿寒湖で体験できる10のこと 夏の釧路・阿寒だからこそ体感できるアクティビティの数々。
あなたは何を体験しますか?

1.カヌーを漕いで「釧路湿原」観察を楽しむ

1.カヌーを漕いで「釧路湿原」観察を楽しむ 釧路湿原に精通したガイドと一緒に、釧路川沿いにカヌーを漕いで、湿地を通り抜けます。北海道の様々な生物と大自然が織りなす釧路湿原を間近で観察すれば、天然記念物のタンチョウ、オジロワシ、エゾシカと出会えるかもしれません。

2.「釧路市湿原展望台」から湿原の景観を満喫する

2.「釧路市湿原展望台」から湿原の景観を満喫する 釧路市湿原展望台から、日本最大の湿原をパノラマで楽しめます。雄大な光景を堪能した後、緑に囲まれた遊歩道を進めば、今度は湿原を間近で観察することができます。展望台の中には湿原に関する多くの展示があり、おいしい特製丹頂ソフトクリームも売られています。

3.「岸壁炉ばた」を食べながら現地の人々と語らう

3.「岸壁炉ばた」を食べながら現地の人々と語らう 炉端焼きの発祥地釧路で、芳ばしい香りと楽しい笑い声の中、夏限定の名物「岸壁炉ばた」を楽しみます。美しい夕日を眺めながら、好きな食材を選んで自分で焼き、冷たいビールを片手に現地の人々と語り合えば、至福の時間となること間違いなし。

4.「ノロッコ号」で釧路湿原の魅力を堪能する

4.「ノロッコ号」で釧路湿原の魅力を堪能する くしろ湿原ノロッコ号は、レトロな車両で釧路湿原をのんびりと走る観光列車です。列車がゆっくりと進む間、車窓いっぱいに広がる雄大な自然や悠々自適な野生動物の姿を見れば、心が躍ります。

5.「光の森」を散策して樹齢800年の巨木と出会う

5.「光の森」を散策して樹齢800年の巨木と出会う 認定ガイド「森の案内人」の同行が義務付けられている光の森ウォーキングは、北海道の原始の森を感じる絶好の機会です。樹齢800年の巨木との出会い、泥火山のボッケなど、大地と共に息づく森を肌で体験することができます。夏の森は濃淡の異なる緑色が美しい光景を作り上げます。

6.阿寒湖遊覧船に乗って神秘的なマリモと出会う

6.阿寒湖遊覧船に乗って神秘的なマリモと出会う 遊覧船はマリモを育む阿寒湖を周遊します。夏は湖畔の木々の緑が湖面に映り、遠方には雄大な雄阿寒岳・雌阿寒岳を望むことができます。途中、チュウルイ島に立ち寄って、マリモ展示観察センターで神秘的なマリモと出会います。

7.「アイヌコタン」を訪れアイヌ文化に触れる

7.「アイヌコタン」を訪れアイヌ文化に触れる 日本の先住民族であるアイヌ民族は、自然界をカムイ(神々)と崇め謙虚に祈るとともに、自然の恵みに感謝して暮らしてきました。阿寒湖アイヌコタンでは、木彫りや刺しゅうにより先祖から伝承されたアイヌ文様を生かした様々な工芸品、古式舞踊の公演や伝統料理などを通じて、アイヌ文化にふれることが出来ます。

8.2019年 7月 阿寒の森ナイトウォーク「 KAMUY LUMINA / カムイ ルミナ」がオープン

カムイルミナは、阿寒湖の森からアイヌの神(カムイ)の国を目指す、煌めくばかりのナイトウォーク体験です。美しい阿寒の森に施されたライティング、自然の中に溶け込むサウンド、そしていくつものプロジェクションを駆使して、自然との共生の大切さを伝えるアイヌの物語を蘇らせます。

9.雌阿寒岳登山で天と地の間を歩く

9.雌阿寒岳登山で天と地の間を歩く 標高1,499mの雌阿寒岳の登山はまるで天と地の間を歩くよう。途中で目にする自然生態の変化や活火山特有の景観は、どれも地球の律動と強い生命力を感じさせてくれます。山頂に到達し、空の彼方へ続く壮大な景観を見れば、道中の苦労がすばらしい思い出に変わるでしょう。

10.「オンネトー」の色の変化の美しさに浸る

五色沼として名高い北海道のオンネトーは、活火山雌阿寒岳が爆発した時に川がせき止められてできた湖で、季節や時間によって様々な色を見せます。澄んだ青色、エメラルドグリーン、神秘的で深みのある紺碧色等、どれも自然が生み出した色で、訪れた旅人は皆この美しい色の変化に心を奪われます。

ページトップへ戻る