釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

行く前に知っておきたい!阿寒の大自然アレコレ

行く前に知っておきたい!阿寒の大自然アレコレ 阿寒と聞いて、連想するのは温泉?まりも?阿寒湖?ひがし北海道には、本州から見ると大自然が広大なスケールで、海外から見れば驚くほど身近に広がっています。阿寒が注目されるポイントや成り立ちについてご紹介します。

太古から、阿寒で共存してきた自然と人

太古から、阿寒で共存してきた自然と人 豊かな自然に囲まれた森と湖のフィールド、阿寒は未来に引き継ぐべき大自然として1934年に国内で2番目に国立公園に指定されました。総面積90,481ヘクタールの広大な公園は、阿寒町にある阿寒湖をはじめ隣町にある屈斜路湖・摩周湖を含みます。阿寒湖周辺には国の特別天然記念物に指定されている「まりも」をはじめ、多くの希少な生き物たちが生息。湖畔には日本最大のアイヌコタン(集落)があり、自然を神(カムイ)として敬う独特の生活文化を今に伝えています。すでに幕末のころに、日本全国を旅した探検家・松浦武四郎はアイヌの人々との交流を著書に記しています。

阿寒のランドマーク、阿寒湖と阿寒岳

阿寒のランドマーク、阿寒湖と阿寒岳 阿寒湖は北海道で5番目に大きな湖で、約15万年前の噴火によって誕生したカルデラ湖です。特別天然記念物のまりものほか、アメマス・ニジマス・イトウ・コイなどが生息しています。まりもは阿寒湖を含め世界で2ヶ所でしか生育しない希少な植物。阿寒湖周辺の自然がどれほど豊かであるかを示すシンボルです。

阿寒湖を見守るように連なるのは、雌阿寒岳と雄阿寒岳。どちらも現在活動している活火山ですが、登山も可能。雌阿寒岳はおよそ3時間で標高1499mの山頂まで登ることができるので、初心者にもおすすめ。また、雌阿寒岳からは天候などによって色が変わる湖「オンネトー」を見ることもできます。

・雌阿寒岳:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/3722/
・雄阿寒岳:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/3713/

景観を未来へつなぐ、阿寒のナショラル・トラスト

景観を未来へつなぐ、阿寒のナショラル・トラスト 阿寒の自然が守られてきた大きな要因は国立公園への指定です。しかし、より古くから阿寒の自然に関わってきたのが、阿寒湖周辺に3,892haの土地を持つ「前田一歩園財団」です。前田一歩園の初代・前田正名が阿寒湖周辺の土地を買い上げたのは1906年のこと。国立公園の指定を受ける約30年前になります。買い上げた当初の目的は、土地の農場・牧場化でした。しかし、阿寒湖一帯の大自然を目にした前田正名は「スイスに勝るとも劣らぬ景観」と感動し、阿寒湖畔の保全を決めたといわれています。そこから100年以上、「前田一歩園財団」は管理する土地を「復元の森」として守り続けてきました。阿寒に手つかずの原生林が今も残っているのは、こうした人々の献身的努力の賜物でもありました。

ページトップへ戻る