釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

Model CourseModel Course

Model Course No.01阿寒国立公園と釧路湿原を巡る2泊3日コース

  • DAY.1
    釧路空港 → 阿寒湖
  • LUNCH
    エゾシカランチ
  • SPOT.1
    阿寒
  • SPOT.2
    阿寒湖まりも夏希灯(なつきとう)
  • SPOT.3
    阿寒湖アイヌコタン
  • STAY
    阿寒湖温泉宿泊
  • DAY.2

  • SPOT.1
    摩周湖
  • SPOT.2
    硫黄山
  • ACTIVITY
    摩周湖星紀行
  • STAY
    川湯温泉宿泊
  • DAY.3

  • ACTIVITY
    摩周屈斜路雲海ツアー
  • SPOT.1
    釧路川カヌー

Day.1 START

羽田空港 Day.1 START 釧路空港
阿寒エアポートライナー 釧路空港から阿寒湖温泉 DAY.1
阿寒湖エゾシカランチ
北海道だけの天然食材
エゾシカ肉

近年ジビエ料理の食材として注目が集まっているシカ肉。阿寒温泉街では道内最大規模のアイヌコタンがある土地柄、馴染みの食材として注目が集まる前からシカ肉料理を提供し続けてきました。 シカ肉は、牛肉など他の食肉に比べて低脂肪で栄養価も高く、鉄分も豊富なヘルシーミート。女性やヘルシー志向の方にはピッタリの嬉しいお肉です。ジビエ特有の臭みも優れた加工技術により解消され、食べやすくなっています。

詳しくみる
エゾシカランチ

LUNCH

エゾシカランチ

近年ジビエ料理の食材として注目が集まっているシカ肉。阿寒温泉街では道内最大規模のアイヌコタンがある土地柄。

トレッキング
阿寒湖阿寒白湯山トレッキング
阿寒湖の絶景スポット!

白湯山は阿寒湖温泉街の南側にある標高約950mの山。春から秋は阿寒湖畔スキー場から自然探勝路を登ることができ、途中、自然の花々や泥火山のボッケも見られます。山頂から東へ進むと展望台に到着。ここから望む雄阿寒岳と阿寒湖のパノラマは感動ものです。夏季の早朝は雲海に会えるチャンスも。往復約2時間。

詳しくみる
阿寒白湯山トレッキング

SPOT1

阿寒白湯山トレッキング

白湯山は阿寒湖温泉街の南側にある標高約950mの山。

徒歩
阿寒湖阿寒湖まりも夏希灯
夏のひがし北海道・阿寒湖の
夜を幻想的に彩る

世界で唯一、マリモが美しい大型球体の姿で生息する神秘の湖、「阿寒湖」。マリモに見立てた光のカプセルに願いと希望をこめたメッセージを入れて遊覧船から流すという幻想的なイベントです。阿寒湖の夏の湖面を「夏祈灯」が彩ります。阿寒湖ならではの夏限定のナイトクルーズを体験できます。

詳しくみる
阿寒湖まりも夏希灯

SPOT2

阿寒湖まりも夏希灯
徒歩
阿寒湖阿寒湖アイヌコタン
阿寒湖アイヌコタンでアイヌ文化を
知る・触れる・食べる

コタンとは村や集落を意味するアイヌ語であり、北海道で一番大きなアイヌコタンがこの阿寒湖畔にあります。古式舞踊が見学できる専用の劇場や芸術的な木彫の民芸品が並ぶお土産店・アイヌ料理が味わえる飲食店などが立ち並び、アイヌの人々の日常の暮らしと貴重な文化を一度に体験できますよ。

詳しくみる
阿寒湖アイヌコタン

SPOT3

阿寒湖アイヌコタン
徒歩
Day.2 START

Day.2 START

DAY.2
弟子屈摩周湖
摩周ブルーの絶景!
摩周湖が最も神秘的に輝く瞬間

ロシアのバイカル湖につぐ透明度を誇り、晴れた日には摩周ブルーと呼ばれる深い青色の美しい湖面を見せる摩周湖。霧が多く発生することでも知られる。注ぎこむ川、流れ出る川がないにもかかわらず、水位は常に一定という不思議な一面も持つ。アイヌ語でこの湖はカムイ・トーという。神の湖という意味だ。
その意味のとおり、どこか神秘的な雰囲気が漂う湖である。

詳しくみる
摩周湖

SPOT1

摩周湖

摩周湖をそれぞれ違った角度から楽しめる3つの展望台がある。

バス
弟子屈硫黄山
摩周湖の後に立ち寄りたい、
硫黄山

アトサ・ヌプリ、アイヌ語で裸の山という意味の硫黄山。川湯温泉街から約3キロメートルの場所にある、現在も活発に活動している活火山だ。むき出しになった岩肌の無数の噴気孔からは火山性ガスを含んだ水蒸気がモクモクと上がる。

詳しくみる
硫黄山

SPOT2

硫黄山

この標高で高山性植物が見られるのも珍しい。

このガスには硫黄成分が含まれているため、あたりは硫黄の匂いが立ち込めている。勇壮な姿とともに、この火山の影響を受けながらも自生している植物をぜひ見たい。

バス
そば粉クレープ

温泉街の真ん中にあるカフェ・レストラン。摩周産野菜とチーズを摩周そば粉のクレープに包んで焼いた、フランス生まれの料理「ガレット」がおすすめ。

そば粉クレープ
トレッキング
弟子屈摩周湖星紀行
さあ、星を見つけに行こう!

昼間の摩周湖ももちろんいいけれど、夜の摩周湖はとても静かで真っ暗ないい場所です。
摩周湖は国立公園の中でも特別保護地区に指定され、人が近寄ることができない湖です。

摩周湖星紀行

ACTIVITY

摩周湖星紀行

湖岸には一切人工物はなく、もちろん明かりもありません。
そのため、夏の星夜の場合、真っ暗なため、摩周湖を見ることができない場合もあります。

Day.3 START

Day.3 START

DAY.3
弟子屈摩周屈斜路雲海ツアー
さぁ!
雲海を見に早朝出かけよう!

標高680m。早朝の摩周湖第三展望台に立つ。
西には日本最大の面積を誇る屈斜路カルデラ。
東には神秘の湖、摩周湖の豊かな湖水を湛える摩周カルデラ。
2つのカルデラに流れ込み、満たし、溢れる雲の海。
それでは、雲海を眺めに行く摩周・屈斜路雲海ツアーをご紹介。

摩周屈斜路雲海ツアー

ACTIVITY

摩周屈斜路雲海ツアー
ノロッコ号 JR釧路駅
釧路町釧路川カヌー
自然目線で湿原を

釧路湿原国立公園ではカヌーやホーストレッキング、冬はワカサギ釣りなど、四季を通じて様々な体験を楽しむことができます。中でも、釧路湿原を流れる釧路川でカヌーに乗ると、釧路湿原の雄大さをあらためて実感することができます。

詳しくみる
釧路川カヌー

SPOT3

釧路川カヌー

釧路川は原生林のような風景、一級河川にしてダムもなくカヌーイストの聖地として親しまれています。釧路湿原を流れる釧路川からは一層湿原に近づけるため、湿原で生活しているタンチョウ・アオサギ・エゾシカなど、湿原に生息する野生生物と出会うことも。

釧路湿原ノロッコ号(JR)
釧路湿原ノロッコ号(JR)について
詳しくはこちら釧路湿原ノロッコ号(JR)について詳しくはこちら
バス JR釧路駅
和商市場

名物「勝手丼」を始め、旬の海産物がずらりと並ぶ港町らしい市場雰囲気もお楽しみください。

和商市場
MOO

釧路の中心街にある観光施設。鮮魚や銘菓など土産店や観光センター、屋台風の居酒屋が並ぶ『港の屋台』があり、夏季限定オープンの『岸ぺき炉ばた』も大人気!

MOO
徒歩
JR釧路駅
幣舞橋(夕日)

夕日スポットナンバーワンといえば、北海道三大名橋の1つである幣舞橋。橋の欄干にたたずむ四季の像のシルエット越しに望む、海に溶けていく夕日はまさに絶景。

和商市場
サンセットクルーズ

観光クルーズ船で釧路の夕日と夜景を堪能しよう!「サンセットクルーズ」は、幣舞橋近くの発着所から海まで航行し、船上から世界三大夕日が沈む景色を優雅に眺望。

MOO
バス
釧路空港

GOAL

釧路空港 GOAL 羽田空港
ページトップへ戻る