釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

釣り人たちの聖地、阿寒湖

釣り人たちの聖地、阿寒湖 大自然を満喫するアクティビティといえば、フィッシング。トラウトとの激しいファイト、自然との一体感。阿寒湖は、釣り人たちから聖地と呼ばれるホットスポットです。

トラウトアングラー熱望スポット、阿寒

トラウトアングラー熱望スポット、阿寒 別格のトラウト王国として全国的に知られる、ひがし北海道。特にニジマスなどが生息する阿寒湖は、トラウトアングラーをはじめとする多くの釣り人に聖地として知られています。前田一歩園財団の自然保護活動や国立公園指定によって乱開発を免れた阿寒は、湖岸に人工物は一切なく、昔ながらの豊かな原生林に囲まれています。阿寒の森は木の密度も濃く、豪雨でも川や湖が濁らない、トラウトにとっても釣り人にとっても素晴らしい環境が残っているのです。

阿寒の川や湖を代表する魚種は?

阿寒の川や湖を代表する魚種は? 阿寒を代表するトラウトは、アメマスとニジマスの2種類。在来種のアメマスは非常に珍しく、阿寒湖の桟橋辺りに時折、金粉を散りばめたように輝く姿を見せてくれます。阿寒湖は北岸の禁漁区以外の全てが釣り場。陸続きのポイントも数多くありますが、船やボートでのフィッシングならより多くのチャンスに恵まれそう。また、阿寒湖周辺では釣りに特化したガイドやサービスが充実していることも、聖地と呼ばれる理由でしょう。

めがけて行きたい、ベストシーズン

めがけて行きたい、ベストシーズン 阿寒湖の解禁は毎年5月1日。この時期はまだ、飛距離を稼げるルアーフィッシングが一般的。5月半ばを過ぎたころからはユスリカの羽化が増え、湖面にマスのライズも見られ、フライフィッシングの季節が到来します。産卵を終えたワカサギが湖面に浮いており、水面まで浮上してくるアメマスの姿も見られます。そしてベストシーズンの6月、湖面を漂うモンカゲロウに大型のトラウトが食らいつく場面に遭遇することも珍しくありません。ところで、阿寒湖の釣りを満喫したければ、シーズン初めが狙い目といわれます。ここではワカサギ以外の全ての魚がキャッチ・アンド・リリースされるので、季節が進むほど彼らは用心深くなっていくのです。

釣り初心者は、冬のワカサギ釣りへ!

釣り初心者は、冬のワカサギ釣りへ! 1月になると、阿寒湖は結氷し白銀の季節を迎えます。そうすると始まるのがワカサギ釣りのシーズンです。氷上にはカラフルなテントが張られ、阿寒湖の美味しいワカサギを目当てに多くの釣り人が訪れます。ワカサギ釣りは初心者でも簡単に釣りへ親しめる、ゲームフィッシングの扉のようなもの。手ぶらでワカサギ釣りを申し込むこともできます。氷で閉ざされた後も釣りを楽しめるのは、聖地ならでは。阿寒湖では全シーズンで釣りが楽しめるのです。
5月~11月/ヒメマス・ニジマス・アメマス・イトウ・フナ・コイ
7月~11月/サクラマス
1月~3月/ワカサギ・ハゼ

・フィッシングランド阿寒&あいすランド阿寒:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/3413/
・あいすランド阿寒:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/1793/

関連キーワード関連キーワード
ページトップへ戻る