釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

冬の釧路・阿寒湖で体験できる10のこと

冬の釧路・阿寒だからこそ体感できるアクティビティの数々。
あなたは何を体験しますか?

1.「釧路湿原」の幻想的な雪と氷の世界をスノーシューで散策する

1.「釧路湿原」の幻想的な雪と氷の世界をスノーシューで散策する 雪と氷に覆われた冬の釧路湿原は、静かで広大な幻想世界。雪とダイヤモンドダストが舞う雪原の中を、スノーシューを履いてのんびりと散策します。冬に活動する動物たちの様子を観察できるほか、タンチョウにも出会えるかもしれません。

2.冬の「釧路湿原」をカナディアンカヌーで進む

2.冬の「釧路湿原」をカナディアンカヌーで進む 白銀と静粛に包まれた冬の釧路湿原。車や徒歩では入れないその源流部を、専門ガイドと一緒にカヌーで巡ります。冷たく澄んだ空気を五感で味わい、キラキラと輝く霧氷や、エゾシカ、オジロワシなど野生動物との出会いを体験することができます。

3.「スケート場」で北海道の定番スポーツを体験する

3.「スケート場」で北海道の定番スポーツを体験する 北海道で人気のスケートは釧路でも非常に盛んです。釧路には多くのスケート場があり、一般のスケート靴のほか、スピードスケートやアイスホッケー用の靴もレンタルできます。広々としたリンクで氷上を滑る快感を味わったり、迫力満点の氷上スポーツを観戦したり、ワクワクする体験を楽しめます。

4.「SL冬の湿原号」に乗り釧路湿原の雪景色を観賞する

4.「SL冬の湿原号」に乗り釧路湿原の雪景色を観賞する 一面雪景色の中を進むSL冬の湿原号は全行程90分。豪快に鳴り響く汽笛に白い蒸気、昔ながらの外観はレトロな魅力が満載です。現地ガイドの解説を聞きながら、窓の外を見るとそこは水墨画と見紛うほど静かで優雅な大自然。運が良ければタンチョウやエゾシカ、オジロワシの姿も見ることができます。

5.豪華な海の幸でつくる「勝手丼」に舌鼓を打つ

5.豪華な海の幸でつくる「勝手丼」に舌鼓を打つ 北海道三大市場の一つ「釧路和商市場」には新鮮な海の幸が集まっています。市場で白いご飯を盛った丼に、自分の好きな魚介類をのせていくのが名物「勝手丼」最大の魅力。花咲ガニ、サンマ、ボタンエビ、紅鮭、ホタテ、ウニ、マグロ、毛ガニなど豊富な海鮮は、どれも幸せを感じるおいしさです。

6.「阿寒国際ツルセンター【グルス】」で特別天然記念物タンチョウを間近で観察する

6.「阿寒国際ツルセンター【グルス】」で特別天然記念物タンチョウを間近で観察する 阿寒は特別天然記念物タンチョウの生息地・越冬地で、古くからタンチョウを保護してきた、人工給餌発祥の地でもあります。1996年開設の「阿寒国際ツルセンター【グルス】」はタンチョウ専門の観察・研究施設で、自然に近い状態で飼育されるタンチョウを通年観察できます。多い時は300羽近い野生のタンチョウを見ることができます。

7.結氷した湖の上で「阿寒湖氷上フェスティバル」を楽しむ

7.結氷した湖の上で「阿寒湖氷上フェスティバル」を楽しむ 阿寒湖で毎年2月初旬~3月中旬に開催される「阿寒湖氷上フェスティバル」では、毎晩約300発の花火が澄んだ夜空に鮮やかな花を咲かせます。アイヌ民族の伝統儀式や各種氷上アトラクションなどイベントが盛りだくさんで、大人も子どもも大いに楽しめます。

8.「国設阿寒湖畔スキー場【ウタラ】」で壮大な景色の中を滑走する

8.「国設阿寒湖畔スキー場【ウタラ】」で壮大な景色の中を滑走する 雪質が非常に優れた「国設阿寒湖畔スキー場【ウタラ】」では、スキーを滑りながら阿寒湖と雄阿寒岳の壮大な景色を眺めることができます。コースは初・中級と上級の2種類ありのほか、スノーボード用のボードパークや子どもの雪遊び用キッズパークも備えており、一般客から競技専門のスキーヤーまで多くの人が訪れます。また、スキー・スノーボード一式、ソリ、ウェアーなどのレンタルも充実しています。

9.「アイヌ芸術」を鑑賞しアイヌ文化を体験する

9.「アイヌ芸術」を鑑賞しアイヌ文化を体験する 「あかん遊久の里鶴雅」では、阿寒湖の代表的木彫家、藤戸竹喜と瀧口政満の彫刻作品を多数展示しています。精緻で優美な手彫りの作品一つ一つに、先人への敬意と大自然への感謝が刻み込まれています。これらの芸術作品を通してアイヌ民族の文化に触れてみてください。

10.厳冬の「阿寒湖温泉」で癒しのひと時を過ごす

10.厳冬の「阿寒湖温泉」で癒しのひと時を過ごす 阿寒湖温泉は北海道有数の温泉観光地です。中でも寒い冬に「阿寒湖温泉」に浸かるのは最高に幸せな癒しのひと時。阿寒湖温泉の多くのホテルには露天風呂もあり、温泉に浸かりながら目の前に広がる阿寒湖と山々の雄大な風景を楽しめます。心身が温まる至福の時間です。

関連キーワード関連キーワード
ページトップへ戻る