釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

冬のひがし北海道で絶対に体感すべきスポット7選!くしろ地域の冬季観光 おすすめ情報!

2021.12.07

冬のひがし北海道では、これから紹介する「SL冬の湿原号」を軸に、沿線の各エリアのさまざまな魅力に触れることができます!
北海道でもここだけにしかない魅力がたくさんあるので、ぜひ体験してみてください!

目次
・静寂の釧路湿原にSLの鼓動が響く(SL冬の湿原号)
・まるで氷の世界!?釧路川の「蓮の葉氷」と「気嵐」(釧路市)
・細岡展望台~一瞬の感動・壮観な風景に出会える~(釧路町)
・釧路湿原を一望できるサルルン展望台(標茶町)
・冬の摩周湖(弟子屈町)
・真冬の幻想 川霧に霞むタンチョウ(鶴居村)

静寂の釧路湿原にSLの鼓動が響く

01_SL1

SL冬の湿原号は、釧網本線を含む釧路―標茶間を約1時間半かけて走行している 北海道で唯一の蒸気機関車です。2000年1月より運転をはじめて、今では冬の風物詩として地元の皆様にも愛される、ひがし北海道を代表する観光列車となりました。
今年は車両のリニューアル第一弾として、どの席からも眺望をお楽しみいただけるレイアウトになった「たんちょうカー」がデビュー。

02_SL2

釧路湿原国立公園の中を釧路川に沿って走行し、車窓からは遠く阿寒の山々を望みながら群れになって走るエゾシカ、特別天然記念物のタンチョウの姿も見ることができます。
また、運転期間中には沿線地域の皆様とともに、「おもてなしイベント」なども開催し、SLの旅を盛り上げます。
静まり返った雪原の中をまっ黒な煙を上げて、力強く走るC11-171号機の雄姿は80歳を越えた今もなお、私たちを魅了し続けています。

●おねだん(釧路-標茶間) 【片道】乗車券¥1,290+指定席券\1,680 ※いずれもこども半額
●問い合わせ先 JR北海道電話案内センター(営業時間6:30~22:00)
        列車時刻、運賃・料金、空席案内
        Tel (011)-222-7111

関連リンク:JR北海道公式ホームページ


※SL冬の湿原号公式ホームページについては、公開され次第リンク予定です。

まるで氷の世界!?釧路川の「蓮の葉氷」と「気嵐」(釧路市)

釧路市では、冬になると、他の地域ではなかなか見ることのできない光景が出現します!寒くても見たい、その光景とは?

03_釧路市1

冷え込みの厳しい1月下旬~2月上旬の釧路川には、蓮の葉氷(はすのはごおり)と呼ばれる薄氷が一面に浮かぶファンタジックな光景が広がります。
結氷した水面が波などの揺れで割れることにより起こる現象で、割れた氷は回転しながら周囲とぶつかり合い、いつしか蓮の葉に水面を彩ります。

また、蓮の葉氷が現れるほど冷え込んだ日には「気嵐(けあらし)」という霧が発生。
凍てつく寒さだというのに、まるで熱々の蒸気の中にいるような錯覚を起こします。
さらに、気嵐が凍ってきらきらと光り輝く「ダイヤモンドダスト」が発生することも。

04_釧路市2

釧路川には北海道三名橋の一つである「幣舞橋」が架かっており、ここからの夕日は「世界三大夕日」と言われています。

そんな幣舞橋のたもとに、釧路市の新たなランドマークができたのはご存じでしょうか?
その名も…「Cool KUSHIRO」モニュメント!

夕暮れ時には、幣舞橋から見える川面と街がオレンジ色に染まる幻想的な光景が広がり、日没後は、幣舞橋と「Cool KUSHIRO」モニュメントがライトアップされ、ロマンチックな雰囲気に様変わり!

SNS映え間違いなしですよ!

●料金 無料
●アクセス 釧路市北大通1丁目「ぬさまい広場」内 (釧路駅より徒歩約15分)
●問い合わせ先 釧路市産業振興部観光振興室 0154-31-4549
       (一社)釧路観光コンベンション協会 0154-31-1993

公式サイトはこちら

極寒が育む、2つの幻想的な光景「けあらし」「蓮の葉氷」(釧路・阿寒湖観光公式サイト)


冬の釧路・阿寒湖で体験できる10のこと(釧路・阿寒湖観光公式サイト)

細岡展望台~一瞬の感動・壮観な風景に出会える~(釧路町)

05_釧路町1

細岡展望台は、釧路湿原の東側に位置し、湿原ビュースポットとしてNo.1の人気を誇ります。どこまでも広がる釧路湿原の中を大きく蛇行する釧路川と、阿寒の山々を一望することができます。また、展望台から見る夕日は、すばらしくきれいです。SL冬の湿原号も釧路湿原駅に停車します。

06_釧路町2

【細岡ビジターズ・ラウンジ】
細岡展望台に隣接しており、館内には湿原の風景や花々の写真が展示されています。喫茶やお土産コーナーもありますので、湿原散策の休憩にご利用ください。

●料金 細岡展望台、細岡ビジターズラウンジともに無料
●アクセス 釧路郡釧路町字達古武22-9(釧路湿原駅下車、徒歩約15分)
●問い合わせ先 細岡ビジターズ・ラウンジ 0154-40-4455

公式サイトはこちら(ウェルカム釧路町)

釧路湿原を一望できるサルルン展望台(標茶町)

07_標茶町1

塘路駅からほど近い場所に位置する散策路を進むと、釧路湿原や塘路湖を一望できるサルルン展望台があります。
季節ごとに違った自然と列車が同時に見られることでも有名。

08_標茶町2

【冬の塘路湖】
釧路湿原国立公園内の塘路湖では季節ごとに違う景色を見ることができ、冬には「御神渡り」が観測されることもあります。
また冬はワカサギ釣り、夏はカヌーなどが楽しめます。

●料金 無料
●アクセス 川上郡標茶町字塘路(JR塘路駅から車で5分(駐車場)、展望台まで徒歩15分)
●問い合わせ先 標茶町役場 観光商工課観光振興係 015-485-2111

冬の摩周湖(弟子屈町)

09_弟子屈町1

雪の白さで一層際立つ摩周ブルー。早朝には周囲の樹木に霧氷がつき枝先まで真っ白に染まります。ごく稀に湖面が全面結氷することがあり、雪と風によって神秘的な模様が描かれます。

10_弟子屈町2

また、ダイヤモンドダストやサンピラーといった極寒の地ならではの現象も見ることができます。-20℃を下回るので服装にはご注意を。

●料金 無料
●アクセス 川上郡弟子屈町弟子屈原野(JR摩周駅から車で15分)
●問い合わせ先 弟子屈町役場観光商工課 015-482-2940
        摩周湖レストハウス   015-482-1530

公式サイトはこちら(弟子屈なび)

真冬の幻想 川霧に霞むタンチョウ(鶴居村)

11_鶴居村1

冬でも凍らない雪裡川は、タンチョウの絶好のねぐらとなっています。そこにかかる音羽橋は、タンチョウを脅かすことなく観察撮影できる人気スポットです。季節によりタンチョウの数は異なりますが、厳冬期の川霧に浮かぶタンチョウの姿は幻想的です。
音羽橋とタンチョウのねぐらは500メートルほど離れているので、写真を撮るなら望遠レンズは必須です。

12_鶴居村2

また、厳冬期の明け方の気温は−15度前後まで冷え込みますので、体だけでなく、カメラのバッテリーの防寒対策も大事です。
人気の撮影スポットで、限られた時間の中での撮影になりますので、非常に混み合うこともあります。場所取りや撮影の時は周囲への配慮を忘れないようにしましょう。
また、大声を出したり音を立てるなどの、タンチョウに限らず野生動物を驚かすような行為は慎みましょう。

●料金 無料
●アクセス 鶴居村雪裡原野北7線東(たんちょう釧路空港から車で35分/JR釧路駅から車で45分)
●問い合わせ先 鶴居村産業振興課 0154-64-2114

公式サイトはこちら(鶴居村ホームページ)

いかがでしたか?

夏真っ盛りの緑あふれるひがし北海道も魅力的ですが、厳しい冬こそ、ここにしかない絶景がたくさんあるんです!
寒さに負けずにがっちり着込んで、感動体験してみませんか?

このページを見た人は、こちらのページも見ています

ページトップへ戻る