釧路・阿寒湖観光公式サイト

LANGUAGE
LANGUAGE

釧路・阿寒湖観光公式サイト

新着情報

2019.01.07

Hokkaido, Japan, Promises Untapped Pockets of Wilderness Adventure During AdventureWeek Japan



私たちは孤立した道路で車から飛び出して、すぐにゲイターとスノーシューを装備しました。 太陽が沈むのは速く、我々はその日の最後のトレッキングをするのに残された日没までの時間は1時間であった。私たちは針葉樹林を通り抜けて、オホーツク海の海岸にある見事な100メートルの高さの凍っている滝に向かった。 新鮮な雪の粉を振り払い進む中で我々は葉を捜している数頭のエゾ鹿をよく見守るために立ち止まりました。 私は、ホストの吉田のベルトからぶら下がっている「ベアスプレー」のキャニスターを指さしました。私は心笑顔で「ヒグマ」とささやきました。 彼は静かに満足気にうなずき、ささやかな微笑みで答えた。 私達は今、もう少し警戒を続けました。


Hokkadio’s unique drift ice is a popular feature for travelers during the winter. © ANDBORDER

私の最近の日本の北海道訪問で摘み取られた瞬間-日本の最北端の島の特徴的瞬間-まだ数多くの外国からの旅行者がこの思い出深い目的地を地図の上で見つけることさえできていないようです。

ATTAは2月24日~3月5日まで開催予定の来たるアドベンチャーウイークジャパンによりこれを変えようとしております。

独自のポップカルチャー、見事なサクラの花や新鮮な海の幸で知られる日本の首都圏は国際的な旅行者への理想的な場所になっている。しかしながら、都会の外側には、旅行者が訪れていない広大な地方がある。
この過去数年間、最近では先月の1週間、集中的に日本を旅行してきており、私は、日本への新規の旅行者を熱烈に歓迎する準備ができている旅行関係者の信じられないほどの寛大さと熱心さを経験してきました。

「北海道を訪れる観光客の約80%は、主に都市部の日本から来ているが、国際的なアドベンチャー愛好者はこれまでの限りほとんどいない。ここで体験できる魅力的なアドベンチャーアクティビティにより、国際アドベンチャー旅行者にとって北海道は主要な目的地となることができると私達は思う。」とここ数年間日本におけるアドベンチャートラベル資源の開発に従事している國谷由紀JTB総研主席研究員は語る。


Cycling on Hokkaido’s wild coastlines, travelers have the landscape practically to themselves. © Jake Finifrock

アドベンチャーウィークジャパンは、自然とスノースポーツを求める日本人にとって都会からの脱出先として人気のある北海道に、国際的なバイヤーとメディアを紹介します。北海道は、そのユニークな生物多様性、幅広いウィンタースポーツ、そして新たに活性化されたアイヌ先住民文化によって、北海道は日本の新たな展望を明らかにします。

先住民や伝統的な日本文化の多様な要素を重ね合わせるとともに、北海道は、豊富な原野と冒険的な活動を洗練された料理、建築、そして芸術の伝統と融合させています。ドリフトアイスでのトレッキングを楽しんだ後は、蒸気サウナや温泉でリラックスした後においしい食事を楽しめます。食事の準備、共有スペースのデザイン、ハイキングのガイドなど、日本人は自分たちが行っていることに誇りを持っており、経験のあらゆる側面に細心の注意を払っているということを私は感じます。

北海道にはあらゆるタイプの訪問者のためのものがあります。雪が大好きな人は、スノーシューやスキーに最適な深くドライな雪に驚嘆します。いくつかの世界的に有名なゲレンデで、北海道はあらゆる能力レベルに対応したアルペンスキーとクロスカントリースキーをの両方を誇っています。島の北東の角に位置する知床半島は、世界有数の流氷の場所です。高さ1〜3メートルの巨大な氷の塊は、風と潮の作用で広大なビーチに駆け込み、興味深い迷路のような形で氷の自然の山々を積み上げています。-トレッキングやファットバイクに最適


The island’s snow sports and winter attractions have been a draw for locals for many years. © ANDBORDER

北海道東部で、弟子屈は、日本最大の面積を誇るカルデラ湖である屈斜路湖と、世界的に他では見られない火星のような風景の映画撮影セットともいえる硫黄山がある町である。
阿寒湖は湖岸に迫っている活火山である雄阿寒岳の盆地にある。その地熱活動は豊富な温泉湯水を提供し、阿寒地域をその温泉で有名にした。そして、豊富なミネラルが阿寒湖をその生息地として有名にした鮮やかな色のマリモを育んだ。また豊かなマス漁場でもある阿寒湖は、特に色鮮やかな紅葉の中でカヌーを楽しむ完璧な場となっている。

ここはまた、地元のアイヌ先住民族の文化、特にそのダンスと芸術について学ぶのに理想的な場所です。私は精緻な手仕事で知られ、阿寒で大変高く評価されている有名なアイヌの木彫り師である藤戸竹喜氏により木彫りと出会いました。.25スケールの木彫作品は一本の木から彫られた浅い河でヒグマが鮭を取っている光景を描写したものでした。
この作品はアラスカの私の幼年期の家から生まれた先住民族の文化と動物の生活と世界の中途にあるここの文化的で自然豊かな環境を結び付けてくれました。

私が北海道で経験した食べ物は美味しいだけでなく新鮮なものばかりです。まるで私が芸術作品を食べているかのようです。

北海道はグルメラーメン、和牛、ジンギスカン、刺身もしくはポーク、私の大好きな地元産の鮭を使った料理などで食事愛好家の食慾を満たします。
この地域は世界的によく知られたサッポロビールで有名で、酒とウイスキーも豊富です。靴を脱いで床の上の清潔で柔らかい畳の上に座って、炭火で焼いた子羊のラムや野菜を炭火焼きのヒバチ風グリルで一晩中楽しめます。私が北海道で経験した食べ物は美味しいだけでなく新鮮なものばかりです。まるで私が芸術作品を食べているかのようです。素晴らし会話と愉しい笑いにつながる自分自身で行う方法でのゆっくりさがお互いの友情を確認する乾杯を時折、あちこちで行わせていました。


Hokkaido’s dining style lends itself to culinary greatness combined with friendly conversation. © ATTA

疑いもなくAdventure Weekの参加者は、最近まで地元の人々の秘密のままであった目的地への2月の旅行中の私と同じような瞬間によろめくでしょう。彼らは知床半島、弟子屈、阿寒湖、そして絶滅危機種である丹頂鶴の自然生息地である釧路を探索するチャンスがあります。アドベンチャーウィークジャパンの参加者は、有名なマーケットプレースネットワーキングイベントが開催される札幌(北海道の首都)へ高速パーティー電車に乗ります。そこでは、地元のサプライヤが一対一のミーティングでアドベンチャー旅行商品を開発および拡大します。

自然の海岸沿いのビーチスケープまで続く深い森、そして洗練されたモダンな日本の習慣を取り入れた伝統的なアイヌの芸術品、これらは北海道の穏やかで活気に満ちた冒険的な性格を形作る細部です。野性的で荒々しくてたくましい人が洗練された人と出会う場所では、北海道は先入観を否定するアドベンチャーの目的地であり、必ず十分に評価される経験となるに違いありません。

AdventureWeek Japanの申し込みは1月7日まで受け付けられています。
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ページトップへ戻る